コンテントヘッダー

経験を活きた「働く」とは!

今回の『社会人講座』は石川県、富山県で
障がい者就労継続支援サービスを行っている
株式会社 ハニービーから
http://honey-bee-jpn.com
管理者の斉藤さん
金沢でサービス管理責任者をされている村上さん
富山で小公暁指導員をされている西村さん
をお迎えしてお話を伺いました。

長文になるので最初に概要を。
主な内容は、現在の仕事をするうえで過去の経験・仕事が
非常に役にたっていること。それは、障がい福祉的なサービスだけでなく
外部の異業種の企業さんとの繋がり方にも応用できていること。
今まで、やったことが結局今に繋がっているということです。
これは、サポステを利用している方にも現在・未来の積み重ね方法に
ついて非常に示唆に富む内容でした。

今回、メインでお話頂いたのは村上さんですが
実は、相談員しょーへー自身が大変お世話になった(ご迷惑をかけた)
方なのです。

s-CIMG2114.jpg

まず最初に
村上さんのキャリアパスをご紹介します。
現在は金沢で仕事をされていますが、
現職に至るきっかけは「サポステ」でした。
以前、富山県若者サポートステーションで約6年
キャリアコンサルタントをされていた時に感じた問題意識がきっかけでした。
(あくまで喩えとして)10人中3人ぐらい就労につながるのが難しい
利用者と出会うようになったそうです。
当時は、キャリアコンサルタント内でも発達障害への対応・理解が
乏しい時期でした。そのため、福祉制度を利用した就労を目指す
という選択肢はあるものの、当事者・家族が「受容」していない段階での
支援の難しさを感じたそうです。

そこで、通信制を利用して社会福祉士を取得。その後、
ご家族の転勤を機に石川県で生活することになります。

それをチャンスに
障がいのある人々をどのようにサポートできるか
サポステは就労後、どのように働いているか実際を目に
する機会が少ないので、どう過ごしているのか
を自分自身が経験していきたいというのが現職に就く動機になったそうです。

ハニービーでの仕事は、利用者が作業するために『仕事』を見つける。
一緒に作業する。より良い仕事ができるように一緒に模索する。
といったことになるそうです。

ここで、過去、兼六園ガイド、飲食店スタッフ、AO機器の営業、パソコンスクールの講師、
内職等、その時をどう生きるかと選んできた職種の経験が活きるようになります。

利用するすべての方にあった仕事を提供したいとなれば
『仕事を見つける』=営業の経験
『作業を行う』=内職やPCスキル
といったカタチで活用されていきました。

そんな村上さんが働く上で重視されているのが、
『利用するすべての方にあった仕事を提供したい』です。

当たり前ですが、10人の利用者がいたら、PCが得意な人
細かい作業が好きな人、身体を使うのが良い人など
多様です。

多様なメンバーが何かしら自分に合う仕事をしている。
そういう状態をそのように作り出すか!営業の経験を通して
奔走されているそうです。

s-CIMG2115.jpg s-CIMG2117.jpg

西本さん、斉藤さんからは現在の事業に関わるきっかけや
大切にしていることを伺いました。

西本さん
もともと福祉には関する知識や興味はなかったそうです。
ただご自身の経験からこの仕事を始めることになったそうです。

大切にしていること
【失敗しても良い環境を作ること】
ヒトによっては作業がうまくできない、難しいという方もいらっしゃいます。
しかし、その部分をどのように進展・変化させるかが重要。
それは一緒に作業しているスタッフや他の利用者と相談しつつ
やっていくことを大切にしていらっしゃるとお話しくださいました。

最後に斉藤さんの方から
働く環境について質問を受けつつ
丁寧応対をしていただきました。

印象に残ったことでは、
村上さんが大切にしていることとして
【やりたくない】【できない】という場合は、一回やってみて
それでも「やりたくない」「できるけどやりたくない」という場合は
ミスマッチ。ただし、やってみることが大切と。

今回は福祉就労をされている事業所さんのお話でした。
参加したメンバーにとって興味がある/ない、関係ある/ない
といったカタチではなく、現在行っていること、経験してきたことが
今後どういったカタチで活かせるか未知数ということ。
そして、今は無意味と思っていても
何かしら経験をしておくと後で大きな利益に変化することがある
など投資として考えることも示唆されていたと思います。

これは、相談員しょーへーの主観ですので、参加した皆さんは
どういった感想、受け取り方をしたのか楽しみです。


高岡地域若者サポートステーションでした
http://www.takasapo.com
コンテントヘッダー

案ずるより産むが易し

( ノ゚Д゚)こんにちわ
相談員しょーへーでしフッ(( ⁻‿入⁻) ゲンドウポーズ

sDSC_0148.jpg

今回は火曜@たかサポです。

sDSC_0150.jpg

案ずるより産むが易しという言葉があります。
たぶん、正しいと思います。
やってみないとわからないとこが沢山ありますし、
ハプニングも起きます。経験しないとわかりません。

しかし、

sDSC_0151.jpg sDSC_0160.jpg

他方で「転ばぬ先の杖」という言葉もあります。
こちらも正しいです。
前もって準備を重ね挑む。
堅実さ・計画性といった面も必要です。

どちらをとってもどもちらも正しい。
これも困ったことです

ということでぇ~
今回は後者を選択しまして
「電話応対」のロールプレイ(基礎編)を
行いました。

sDSC_0161.jpg

基本的にはマニュアル化されているので
使う言葉や表現はインターネットからhow to本に至るまで
内容に差はありません。

では、何が重要か?
わからないことに不安になっていても仕方がないので
下地として持っておく。あくまでベースラインです。

安心感がアップするには「やらかす」か「上手な人の真似をする」
最近はyoutubeで見ることも可能です

ただね。。。差が出るとしたら「人」の部分です。
゚+Φ(*>ー・*)Φ。゚
テンプレはありますが、印象は重要です。

sDSC_0162.jpg sDSC_0165.jpg

見てる人は見ていますし、聞いている人は聞いています。

あざといかもしれませんが
意識的に変化をつけること


繰り返してやっていくうちに自然と自分の形ができるでしょう

最後に、皮肉をこめて使われる
「石橋を叩いて渡る」がありますが
それよりも
石橋を叩きすぎて壊すよりマシです。

限度は用意しておきましょう(ρω< )⌒☆

以上
高岡地域若者サポートステーションでした
http://www.takasapo.com
コンテントヘッダー

コンビニ経営から「働く」を学ぶ!

2018年最初の社会人講座は、丸喜産業株式会社の人事部長の齊藤さんをお迎えし、コンビニエンスストアの経営についてお話しいただきました。 丸喜産業株式会社はプラスチック素材の加工・製造をしている会社ですが、今回講師としてお迎えした齊藤さんはファミリーマートの本部でフランチャイズ事業の立ち上げに携わられたそうです。約30年のコンビニ業界でのご経験から、フランチャイズビジネスの仕組みやノウハウをお話しくださいました。
CIMG2109.jpg 
その内容は、フランチャイズビジネスだけでなく、これから就職活動をする人、転職を考えている人、すでに働いている人、経営や管理に携わっている人など、どのような立場の人でも何かしらの示唆を得る内容でした。その概要をお伝えします。

1齊藤さんのプロフィール
齊藤さんは東京のご出身で、商社からファミリーマートの本部に転職され、東京都内の複数の店舗を任されたそうです。その後、海外との取引を行う事業の立ち上げに携わられたそうです。その時の激務からうつ病とパニック障害を発症。仕事のパフォーマンスが落ちたため、1年間窓際族となったそうです。その経験はとても貴重で、ゆっくりと考える時間を持てたとおっしゃっていました。そして、ご自身のできるところから少しづつ仕事を増やしていかれたそうです。半年前に丸喜産業さんとご縁ができ、東京から富山へ単身赴任でお越しになったそうです。丸喜産業株式会社では、人事部長という肩書をお持ちですが、人事に限らず経理も含め総務全般にかかわっていらっしゃるそうです。

2 フランチャイズビジネスの仕組み
フランチャイズというとプロ野球の本拠地という意味でも用いられますが、フランチャイズビジネスというと本部に加盟してそのノウハウ等を用いて営業することです。コンビニ業界ではセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップが生き残るだろうとのことでした。

加盟するために加盟金を払い、研修を受け、営業を開始します。利益の一部をロイヤリティとして本部に支払い、その残りが加盟店の利益となります。売上に対する利益率は30~32%で、そのうちの35%を本部に支払い残り65%が加盟者の利益となるそうです。

例えば、一日50万円の売上があればひと月(30日)で1500万円、その30%は450万円が利益となります。加盟店に入るのはその65%ですから、約300万円ですね。そこからアルバイトの人件費約100万円、水道光熱費約20万円を捻出します。

ロイヤリティは条件によって変化し、物件を本部が用意したか用意したか、あるいは加盟社が経営している店舗数でも変化するそうです。

3 どの企業を選ぶか
コンビニ業界の場合、どのチェーンもウエブサイトで情報開示をしているので調べることができるそうです。しかし、それだけでは不十分だそうです。本部の担当者に疑問点を聞き、納得してから加盟することが大切だとのことでした。また、本部と加盟者との関係性が重要で、儲かるかどうかよりも、チェーンのキャラクターであったり、担当者との相性だったりで、チェーンを選択される方も多いそうです。しかし、コンビニエンスストアは立地で9割が決まるとのこと。ファミリーマートの場合は月の売上が40万円を下回ると閉店になるそうです。

4 フランチャイズビジネスで成功するタイプ
情報収集をしかっりとし、納得ができるまで本部と面接する人。また、実際に加盟している人の話を聞き、実態を知った上で加盟する人だそうです。本部は夢のようなことばかりをいって加盟者を募りますが、実態はそうではありません。大変な部分も知って、それでも乗り越えていけると思った人が成功するするそうです。

悪い面を知るには訴訟内容を知ると良いそうです。アメリカはフランチャイズビジネスの発祥の地ですので法制化されているそうです。日本はアメリカの後追いをしているので法制化にはもうしばらく時間はかかりそうですが、中小企業庁が本部が開示すべき内容を定義しているので、それを知っておくと良いそうです。

フランチャイズビジネスを始めた人の6~7割が成功し、3~4割の人が悲しい結末となるとのこと。傾向として、安易な気持ちで、調査をせずに加盟した人は悲しい結末になることが多いそうです。一方成功している人は、強い志を持ち、店舗での接客が素晴らしいそうです。

また、先行投資は、自分への危機感を高めるためにも必要だともおっしゃっていました。目先の楽さにつられて安易に決めるとフランチャイズビジネスは悲惨な結果になるとのことでした。

5 フランチャイズビジネスに加盟する前に、そして加盟後は
アルバイトとして経験してみるのがよいでしょうとのこと。夜勤も経験しその実態を知ることが大切だそうです。

ファミリーマートの場合、加盟後は3店舗持つことを目標にするといいそうです。そうすれば店は従業員に任せ、自分は各お店の巡回以外は自分の時間をたっぷりと持てるとのこと。その際、2店舗目を乗り越えるのが大変だそうです。さらに5店舗持てばロイヤリティが5%、10店舗持てば10%ひかれるとのこと。

とにかく意志の強さが最も要求されるのがフランチャイズビジネス。ファミリーマートの場合、15年は365日一日も店を閉めないこと、親の葬儀にも参列できないかもしれない、その覚悟が必要ですとおっしゃっていました。


フランチャイズビジネスに特化した話の中にも、情報収集の必要性、意志、接客の重要性など、「働いている」、あるいは「働こうとしている」多くの人にとって示唆に富む話題がちりばめられていました。

あっという間の1時間。参加されたみなさんは、どのような示唆を得たのでしょうね。


コンテントヘッダー

あけましておめでとうございます


明けましておめでとうございます


 

実りある一年になりますよう
皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
【たかサポ年末年始休業期間】

休業期間:2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)
  年始:2018年1月5日(金)10:00から
※上記の期間お電話、E-Mailでのお問い合わせの対応も
休業とさせていただきます。
※返信等は2018年1月5日(金)より随時行います。



高岡地域若者サポートステーションカレンダー
http://www.takasapo.com


コンテントヘッダー

紅いメガネ

本年は何かとお世話になりありがとうございました
ヾ(* 'Д' *)ノオハツデース
( *・ω・)*_ _)相談員しょーへーです

今日は平成29年の御用納めでした
今年最後はリラクゼーションプログラム
「楽活」です

s-DSC_0094.jpg

昨晩、寒波に襲われ白い世界の富山県ですが
気心知れたメンバーと
今回はリフレッシュ活動を

s-DSC_0097.jpg

ほぼ休憩をしないという
リラクゼーションプログラムなのか
闘争心に火をつけるエンライトメントプログラムなのか

s-DSC_0095.jpg s-DSC_0096.jpg

疑問しか残りません。。。
不思議なことですが、住んでいるエリアも年齢もバラバラなのに
お互いにいじり合ったり・励ましあったり
時に叱咤激励もあり、関係性が生まれる
というのは、何が作用しているか
わかりませんね、本当に

s-DSC_0098.jpg

リーダー役のタスキをB君に
遅刻しないようC君に
あまり一緒に活動する期間がなかったD君から励ましを

今回でサポステのプログラムを卒業となるA君から
みんなに一言づつメッセージを伝えてももらいました。

乙デスタ!∑d('▽'*)

Nach dem Spiel ist Vor dem Spiel
(終了は次の始まり)

では、みなさんよいお年を

高岡地域若者サポートステーションでした
http://www.takasapo.com




プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク