コンテントヘッダー

3つのメッセージ

4月と5月の社会人講座のテーマは「私の履歴書」
今日は、毎週金曜日午前のプログラム「清掃ボランティア」に協力していただいているボランティアの藤井さんからお話を伺いました。
CIMG2228.png

藤井さんは64歳で東京都のご出身です。大学時代に奥様と知り合い学生結婚され、奥様の郷里の富山にある会社に入社されました。35歳で退社されて独立。その後、50歳で復社し定年までお勤めになったそうです。

これまでのご経験から3つのメッセージをいただきました。
1 学歴や職歴ではない採用基準で入社できる会社がある
仕事上、本田技研工業の研究所の方と接点がおありになったそうです。デザイナーの中には高校中退、資格も経験もなかったが、デザイナーとして採用された方がいたそうです。研究所内では出身校や経歴を問われることはなく、バイクが好きという共通点で結ばれていたということでした。

2 仕事上の失敗は必ずある、大切なのは素直に謝り対応できること
失敗をしない会社よりも、失敗した時によい対応ができる会社が信頼されるというお話をしてくださいました。失敗した時に、取り繕うのではなく、心から謝罪し、対応を社内の人と相談し、真摯にふるまうことで、逆に信頼を得ることができるとおっしゃっていました。

3 相手が喜ぶことをするとまわりまわって自分に還ってくる「情けは人のためならず」
これは藤井さんのご家族が闘病中のご体験もあってのこととのことだそうです。仕事中、相手が望むことを想像し、提供することで、まわりまわってご自身に「幸」が訪れるというお話でした。35歳で退職された後、15年後に復職したご縁は、そのことを物語っているのではないかと思います。

そして、最後に「仕事を無理に決める必要はなく、必然が訪れますよ。背中をポンと押されるときが必ずあります。」と参加者に向けて温かい一言をいただきました。たとえば、面接に行った時の感じ良い雰囲気だったり、採用担当者との相性だったり、飛び込んでもいいという感じがあるそうです。だから、無理に飛び込むのではなく、いいタイミングで飛び込むことが大切で、そのタイミングで入社し、入社後は色々とやってみることに尽きるとおっしゃっていました。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク