2018-11

やってみてから考えよう!

前回に引き続きまして
たかサポを利用して就労した方による
社会人講座になります。

最初に長文失礼します。

今回はNさん(21歳)

現在はアルバイトで書店のカウンター(レジ)業務を
約1年2ヶ月されています。

CIMG2140.jpg

シフトとしては週4回、5h/1d、17:00~22:00
かんたんに仕事の流れをご紹介

Nさんの勤めている店舗は交代シフト制で勤務時間を組むんでいて
8人体制(社員2名、パート・アルバイト6名)

16:45~50頃に出社→エプロン等を着用しタイムカードを押します。
17:00 
レジへ→申し送りのメモをチェック。キャンペーン等の情報を共有。
レジ業務とフロア業務をメインに仕事をされているそうです。
レジ業務は、商品の「お会計」や「本のカバー掛け」「予約・取り寄せの対応」「お客様の質問に対して答える」といった
業務になります。
また、フロア業務は「本の並び替え」や「品出し」「雑誌にビニールを掛ける」などの業務を行います。

22:00
閉店前後になると準備に取り掛かります。
店舗内チェック、レジ締め、売上入力(本部へメールで送信)、金庫で保管するものを
集め社員さんが入れるまでの準備もします。
最後にタイムカードを入れ退社

働いてからの変化
●あまり値段を気にせず買い物ができる(ただし、浪費癖につながるので自制中)
●生活リズムが夜型にズレた。23時頃に帰宅しているため新しい生活リズムになった
●仕事量は減らず増えていった。新人の仕事量から戦力としての仕事量へ
といったことを挙げていらっしゃいました。
確かに、お金の使い方は変わりますね。

前回のお話くださったTさんのケースでは
応募先を選ぶ基準として「求人票の職務内容がシンプルだった」のに
対して
Nさんの場合、働き始めてから接客・レジ業務“等”の部分で
困惑があったそうです。

ご本人は、働き出すまでに何度も悩んだそうですが、
一番に【働いたことがないからイメージできない】があったそうです。
お客さんの経験はあってもサービスを提供する経験がないので
自身がどんな風に働いているのか、いきたいのか、なかなかしっくりこない
部分があったそうです。

Nさんが現職を選んだ理由は、本屋はよく利用するから
どんな仕事かイメージできるという点でした。

しかし、入ってみると見えない部分での作業が多い。
具体的には、接客など立ち仕事をイメージしていたが
実際は裏に回って在庫の本の整理や返却用に梱包搬出作業
など体を動かす場面が多かったです。
また、客注本(お客様が取り寄せた商品)の入荷連絡・対応など
見えなかった部分やイメージ外の作業が【等】の部分になったそうです。

確かに実際働いてみないとわかりませんね、このあたりは。
自分が客の場合は意識せずに利用していたことを
誰かが段取り、提供してくれていたわけですから。

CIMG2141.jpg

では、Nさんが現在働いているまでの経緯をかんたんにご紹介します。

Nさん自身がたかサポを利用したきっかけにもなるのですが、
こちらも富山県内にある高等学校在学中(3年時)に利用を開始しています。
進路に関して、自信がもてなくて動くのが難しい状態だったため
高校の進路指導の先生からたかサポのパンフレットを貰ったことで
サポステに通所することになりました。
上記に「働いている自分をイメージできない」というのは当たり前といえば
当たり前ですね。
卒業後は面談だけではなく約半年ほどプログラム参加をしながら就労に向けて
準備をはじめました。

ちなみに印象に残っているのは現在の
「楽活」:バドミントンだけでなく年2回参加しているソフトボール大会
「就労体験」:高岡市役所で夏季に行っている野菜販売
だそうです。

特に野菜販売は、「今思うと『予行練習』だったなぁ」と
やっているときはいっぱいいっぱいでしたが、何度か
参加するうちにできることが増えていったそうです。

【働くきっかけ】
 「このままじゃいけない」でした。
周囲からの刺激というよりも「先に進むには」といった感情が
行動に影響を与えたそうです。

意識した時期より3ヶ月ほど迷っていましたが

担当者から背中を押されたのもあって
(押されたか圧をかけられたかは当事者間のみの秘密です)
応募へ踏み切ることができました。

現職は3社目の応募で採用になります。

最後にTさんからたかサポ利用者へのメッセージ
●応募する上で焦る必要はない
→ これは、2社不採用になったことで得た経験・情報から戦略的に
  なったことにあります。
  落ち込みは当然ありましたが、その後の面談で「次の策」を
  一緒に見つけたそうです。

●担当者からの言葉
→ 「行動しなかった時のことを想像してみたら」
  という言葉がけあったそうです。
  全てに当てはまるわけではありませんが、目の前の一時的なストレス、
  負担を回避することは重要です。「現在」の自分を防衛するわけです
  から必要なときも当然あります。
  しかし、Tさんは 「働く」という目標があるので、この場合、
  応募/面接をしないことは後々後悔やもっとしんどい気持ちになるので、
  『そっちの場合のほうがまずい、嫌だ』と奮い立たせたわけです。
  実際、やっていくうちに当然[失敗やミス]はしますが、
  意外とやれているわけです。 失敗やミスは返上、挽回できますが、
  何もしないと次も何も生まないんですね。

なので、タイトルにあるように
【やってみてから考えよう】
が大切になってきます。

前回・今回と「社会人講座」の講師は
現在、定着やステップアップ中の方たちに
ご協力いただきました。
ご自身の体験を語れるというのは
本当にすごいことだと尊敬しています。

長文になってしまいましたが
読んでいただけた方に何かしら
機微に触れましたらこれ幸いです。

高岡地域若者サポートステーションでした
http://www.takasapo.com

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takasapo.blog134.fc2.com/tb.php/697-4fe50fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF


”先が見えない”で
悩んでいませんか?

もし、将来や”働き方”に
悩んでいるなら、
わたしたちに相談ください。

高岡地域
若者サポートステーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (54)
スタッフ紹介 (15)
でてクル (11)
火曜@たかサポ (90)
ワンツーマンパソコン教室 (3)
水曜@たかサポ (1)
社会人講座 (31)
楽活 (14)
茶談会 (30)
清掃ボランティア (58)
就活講座 (2)
女子会 (5)
職場体験 (2)
就労体験 (33)
もの作りプログラム (12)
イベント参加 (18)
楽スポ (68)
楽スポ&茶談会 (12)
お出かけ (27)
思い出 (6)
会社見学 (9)
日記 (96)
月曜@たかサポ (81)
スポーツ (14)
講演会 (3)
除雪ボランティア (5)
ステップアップセミナー (0)
男のチャレンジ (7)
調理実習 (1)
り楽すまな部 (1)
農業体験 (4)
未分類 (12)
定着支援 (3)
集中訓練プログラム (1)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する