2018-10

「働く者のルール」知っていますか?

昨年に引続き、今年も社会保険労務士の針木和也さんを社会人講座の講師にお迎えしました。

針木さんは氷見市市を拠点に社会保険労務士として中小企業の社会保険手続き業務等を行っていらっしゃいます。大学を卒業されることろは就職超氷河期で、有効求人倍率が0.4だったそうです。今は2倍を超えていますから時代によって差が大きいことが分かります。
CIMG2548.jpg
ご縁があり旧婦中町の造り酒屋に就職され、業務の中で酒税について学ばれたそうです。その後、税理士事務所に転職され、社会保険労務士という仕事を知り資格を取得され、独立されたとのことでした。

CIMG2547.jpg

以下、講座の概要をお伝えします。

○労働法は労働者を守る法律である
労働法は、働く者にとってもっとも身近なルールで労働者を守る法律です。使用者(会社)と労働者は対等であり、労働力の対価として給与・賃金が支払われます。「労働基準法」は使用者(会社)が守るべき「最低の基準」を定めており、基準がないと、長時間労働や賃金の未払いなどが起こる可能性があります。

○働くときは、労働契約を結ぶ
口約束でも労働契約になりますが、後々トラブルになりやすいので、書面にしてもらうことが大切です。雇用条件通知書(使用者が一方的に通知)、あるいは雇用契約書(労働者・使用者が合意)を交付する会社ですと、ブラックな働き方を要求される心配は減ります。

その中で、労働条件は明示されなければならいことになっており、以下の項目が内容に含まれます。
・労働契約の期間
・就業場所
・始業・就業の時刻、残業の有無、休憩時間、休日、休暇
・賃金
・退職

○正社員のメリットと責務
正社員で働くことのメリットは以下の通りです。
・労働法のルールに守られている雇用形態である。
・社会保険料の半分は会社が負担する。
・雇用保険に加入し、失業した時に手当が受けられる。

その一方で、正社員は会社の利益が最大になるように努めなければならない、責任のある仕事をこなさなければならないなど責務が求められます。


続いて、社会保障制度についての説明がありました。5つの社会保障制度について、適用の要件、保険の内容について要点をご説明いただきました。

○社会保険
健康保険、介護保険、厚生年金保険は半分を会社が負担してくれ、正社員の3/4以上の勤務時間があることが適用条件になります。
また、雇用保険は週20時間以上の勤務、31日以上の雇用が見込まれることが適用条件です。

○年金制度
3つの種別があり、国民年金と厚生年金とがあります。年金を受け取ることができるのは次の3つの場合になります。
老齢年金・・・65歳以降に受給
障害年金・・・障害があり働けないときに受給
遺族年金・・・遺族が受給(細かい用件があり)

○雇用保険
失業した時の保障で基本手当が受給されるまでの期間、受給日数は被保険者であった期間や退職の理由によって変わります。

○労災保険
仕事中での病気やケガの保障で通勤途中ということは寄り道した後は対象外になるので注意が必要です。

今年もあっという間に1時間が経過しました。参加者のみなさんの真剣な姿勢に関心の高さをうかがうことができました。この場を借りて、針木さんに改めて感謝いたします。

«  | ホーム |  »

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF


”先が見えない”で
悩んでいませんか?

もし、将来や”働き方”に
悩んでいるなら、
わたしたちに相談ください。

高岡地域
若者サポートステーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

お知らせ (53)
スタッフ紹介 (15)
でてクル (11)
火曜@たかサポ (89)
ワンツーマンパソコン教室 (3)
水曜@たかサポ (1)
社会人講座 (31)
楽活 (11)
茶談会 (30)
清掃ボランティア (58)
就活講座 (1)
女子会 (5)
職場体験 (2)
就労体験 (33)
もの作りプログラム (12)
イベント参加 (17)
楽スポ (68)
楽スポ&茶談会 (12)
お出かけ (27)
思い出 (6)
会社見学 (8)
日記 (96)
月曜@たかサポ (81)
スポーツ (14)
講演会 (3)
除雪ボランティア (5)
ステップアップセミナー (0)
男のチャレンジ (7)
調理実習 (1)
り楽すまな部 (1)
農業体験 (4)
未分類 (11)
定着支援 (3)
集中訓練プログラム (1)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する