コンテントヘッダー

万願寺ライフ、いつの間にか

10月の社会人講座のテーマとは異なる
【特別編】「田んぼの真ん中万願寺ミラクルライフ」と勝手に
題を付して今回の講師。所属が長い。通称は「はぐれ」
特定非営利活動法人北陸青少年自立援助センター
Peaceflu House はぐれ雲 でスタッフをされているD氏に
お話をしていただきました
HPはこちら
http://www.haguregumo.com

参加者に質問です。Q:共同生活寮とはどんなことろか知っていますか?
全参加者「知りません」。
Q:行ってみたいですか?
A:「いいえ」

嫌みたいです。

本題に入り、まずは、D氏が「はぐれ」に入社するまで
氏は富山県のご出身で、高校時代は花園を目指していたかもしれない球児だったそうです。
福祉系の大学に進学され、社会福祉・介護等を学ばれましたが、
実習の後で「本当に福祉や介護をやりたいのか?」と疑問をもたれ、「子どもに関わる」分野にも興味を向くようになったとのことです。

ご本人は当時
「いやぁ本当にちゃらちゃらした学生でした」を振り返られていました。

しかし、D氏が就職する時期は、おりしも就職難。なかなか希望の分野の求人もすくなく、
県内の消費生活全般に関わる企業へ入社。その後、営業職の方向へ

営業は成果主義、結果によって収入が増えることから、どんどんモチベーションが上がっていたのですが、必然として「ノルマ」や「プライベートがなくなる」といったことにシンドイと感じるようになったようです。
離職
約1年間日本中をバックパッカーのように過ごし、富山に戻ってきたそうです。

s-IMGP3003.jpg

ハロワークで仕事内容に「運動・農業」と不思議な仕事があるものだ
ということで、求人に応募。
代表との面接で「世の中にはおもしろい人がいるんだなぁ」
との理由で現職に

まさに非プランドハプンスタンス理論通り

続いて、「はぐれ雲」に関して
特徴としては[農村・家族型共同生活]スタイル
【生活リズムをつくること】が第一

s-IMGP3004.jpg

農業はもちろん重視しつつ、楽しみながら経験を共有していくこと。

ここで参加者から質問がありました

生活リズムが逆転していたり・他人と交流を避けたりしてきた寮生がすんなり「はぐれ」の中に入っていけるものですか?

ここで゚+。゚(。´・o・`。)゚+。゚ほぇ??と思うレスが

D氏によりますと、

【大前提】
基本的に、みんな来たがってくるものではないので
最初はすべてに拒否を示すこと。

【STEP 1】
しかし、スタッフも他の寮生もきっかけは用意するけれど
特に強制することはない。

【STEP 2】
「帰りたい」「やりたくない」からスタート
そのうちに、おなかは減るし、周囲から取り残される感もあるし、徐々にその個人の性格が出る形で関わりを持ち出す

【STEP 3】
生活リズムをみんなに合わせる形になるので
結果として、みんなと笑ったり・対立したり、
折り合いをつけたりしつつ、改善していく

ということでした。

あと、「はぐれ」のスタッフ
ですが、特に農業に興味があったわけではなく
やっていくうちに農業や田んぼを知るようになり、自分で調べて、実験して
失敗して、みんなでワイワイしてを繰りかえすうちに「やっていた」というのも
みんなの興味を引いたようです。

スタッフだからといって毎日仕事をしたいわけではなく
当然今日はやりたくないなぁ。。。という日も

だけど、そんな時も他のスタッフや寮生がいるので
乗り切れる(乗り切った)ということでした。

「おもしろい話を聞けて良かったです」
社会人講座に参加したみんなの反応でした

すこし、一歩を踏み出すきっかけになるお話を聞く
機会になったのではないかと思います。

はぐれのD氏、終始やわらかい物腰でお話していただき
ありがとうございました。

高岡地域若者サポートステーション
http://www.takasapo.com

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク