コンテントヘッダー

「働く者のルール」~労働者の権利と社会保障制度~

9月13日の社会人講座に社会保険労務士の針木先生を講師にお迎えしました。

CIMG2084.jpg

まず、プロフィールの紹介から始まりました。
針木先生は、大学で生物学を学ばれ、微生物の研究をされていたそうです。卒業時は就職氷河期で大学院に進学。大学院卒業時には就職超氷河期だったそうです。

微生物学を活かすべく「造り酒屋」に就職されて3年。酒税の計算が面白く税理士事務所に転職されたそうです。その事務所で社会保険労務士という仕事を知り、資格を取得され、9年前に社会保険労務士として独立されたそうです。

その後、高等学校等で講演の機会が度々あったそうです。この日も資料を準備していただき、分かりやすく社会保険について説明をしてくださいました。

以下、概要です。

まず、労働者の権利を説明してくださいました。

○労働法は労働者を守る法律
労働法は、働く者にとってもっとも身近なルールで、労働者を守る法律です。とりわけ「労働基準法」は使用者(会社)が守るべき「最低の基準」を定めています。基準がないと、長時間労働や賃金の未払いなどが起こる可能性があります。

○働くときは、労働契約を結ぶ
口約束でも労働契約になりますが、後々トラブルになりやすいので、書面にしてもらうことが大切です。雇用条件通知書、あるいは雇用契約書を交付する会社ですと、ブラックな働き方を要求される心配は減ります。

○労働条件は明示されなければならい
その内容は…
・労働契約の期間
・就業場所
・始業・就業の時刻、残業の有無、休憩時間、休日、休暇
・賃金
・退職

そして、正社員で働くことのメリットと、正社員で働くことの責務についてお話しくださいました。


続いて、社会保障制度についての説明がありました。5つの社会保障制度について、適用の要件、保険の内容について、「これだけは!」という内容に絞っての説明でした。要点をかいつまむと…

○社会保険
健康保険、介護保険、厚生年金保険は半分を会社が負担してくれ、週に約30時間以上働くことが適用条件になります。
健康保険の中の「傷病手当金」は、療養のために仕事を4日以上休み給料を受けられないときに支給されますが、自営業を営む者にはない保障です。

○年金制度
国民年金は、現在年額70万円程度支給されます。厚生年金保険への加入期間が長いほど、納入額が多いほど、支給される年金額が多くなります。

他、雇用保険、労災保険についてもご説明いただきました。

最後には参加者からの質問にもお答えいただき、あっという間の1時間でした。年金の支給額は将来減額される可能性が高いですが「払っていないともらえませんよ」という針木先生の言葉が印象的でした。

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク