コンテントヘッダー

はっ半袖だ。。と。。

( ノ゚Д゚)こんにちわ
相談員しょーへーです┏(゚益゚)ゞ

日に日に寒くなってきましたブルブル ((;゚ェ゚;)) ブルブル
そんなことお構いなしに頑張っている利用者さん
リスペクトです

sDSC_0031.jpg sDSC_0032.jpg

プレーがすごく上手になっていて見ていて「すごいなぁ」と思いつつ
チームの特色が出ていて興味深くもあります。

sDSC_0033.jpg sDSC_0030.jpg

勝ち負けは一応ありますが、
それよりもうまくいっているチームは
個人の能力で勝負しているわけではないんです

「フォローしあっている」
「だから安心してプレーができる」

sDSC_0034.jpg

よく声をだすのは大切といいますが、
みんながみんな言葉が出ているというわけではないし
言葉だけでている場合もあるし

違いは。。。チームメイトを意識しているか
チームメイトとして承認しているか
の違いですね
単純に
「楽しそう」
なんですよ

sDSC_0029.jpg

なんかしっくりこないなぁ
うまくいっていないなぁ
と思ったら
相手チームを見てみると良いかもしれません。

模倣から初めて見るのも良いでしょう

高岡地域若者サポートステーションでした
http://www.takasapo.com
コンテントヘッダー

第一回「横の会」終わる!

こんにちは。横野会造(仮)です。

今日は雨模様の一日でしたが、
そろそろコートが必要な季節に
なってきましたね。

さて、先回告知した「横の会」が
無事終わりました。

ちなみに、次回、第二回の「横の
会」は、2カ月後の来年1月6日
(土)の午前10~12時です。
もしよろしければご参加ください。

では、会の模様をお伝えします。

s-CIMG2088.jpg

参加者は3名。ちょっと緊張気味。
最初は、それぞれ自己紹介から。
名前、だいたいの住所、年齢、仕
事先を順番に言って頂きました。

つぎは、現状報告。それぞれに、
困っていることや悩んでいること
はあるようで、働く大変さというも
のを感じます。んで、前半終了。

後半は、お茶を飲みながら雑談。

s-CIMG2090.jpg

3名中2名が先輩に回転寿司で
おごってもらった、ということで、
お題が「回転寿司」になりました。

最近は、いろんな回転寿司屋さ
んがありますね。それで、どの
お寿司屋さんがいいのかな、と
いう話になりました。

くら寿司さんは、サイドメニューの
豊富さと安さ。はま寿司さんは、
平日90円、さらにクーポンを使え
ば一皿無料で味もいい、とか・・・。

ただ、そんなに盛り上がることもな
く、どちらかというと固めの情報交
換っていう感じでした。

そういうことで、あっという間に、2
時間が過ぎてしまった感じでした。

今後の引き続き、2カ月に1回の
ペースで、お茶を飲みながら、最近
の出来事などを思い出しながら、
仕事と仕事以外のことでおしゃべり
できればいいな~と思いました。

それでは、また~!
コンテントヘッダー

第一回「横の会」始まる!

こんにちは。横野会造(仮)です。

昨日は立冬でした。少しずつ肌寒さ
を感じる季節になってきましたね。

皆様は、どのようにお過ごしですか。

さて、今回はたかサポの新メニュー
(プログラム)をご紹介します。

その名を「横の会」といいます。

特に、三島由紀夫の「楯の会」を意識
したわけではなく、担当のスタッフに
横がつく名前がいるからでもなくして、
「横のつながりをもってみようか」、と
いう気持ちでネーミングしました。

内容は、たかサポ卒業者(たかサポを
利用して就職した人)を対象に、現在の
様子や職場での困りごとなどを話し合い、
互いに情報交換しようというものです。

もちろん、求職中の人の参加も可能です。
先輩の話を聞いて、就職活動に役立てて
ほしいと思っています。

たかサポでは、現在も個別相談という形
で就職した方への職場定着支援やステッ
プのためのカウンセリングをしています。

しかし、就職したけれども、就職する前と変
わらず面談のような一対一なら大丈夫だけ
ど、複数の人との会話や雑談が苦手という
人も実は少なくありません。

「横の会」はそれに馴れて気楽に話すトレー
ニングになって、気分転換の場になればいい
なあ、と考えています。だから、「横の会」は
お茶でも飲みながらサロン風にやろうと思っ
ています。ゆるいトークの時間もありますよ。

最後に、日時のご案内です。

日時:11月11日(土)10時~12時
場所:たかサポ(セミナールーム)
ちなみに、途中入場、途中退室可です。

参加お待ちしております。

なお、参加の場合はあらかじめ予約
していただけると助かります。

それでは、また。
コンテントヘッダー

自己理解が止まらない

こんな小春日和の穏やかな日は

IMG_20171106_145323.jpg

「でてクル」&「火曜@たかサポ」ですよ

改めましてこんばんは~
相談員しょーへーです(*- -)(*_ _)ペコリ

本日は11月初回です

sIMG_20171107_100821.jpg

レイディオ体操やストレッチが気持ち良い

sIMG_20171107_102642.jpg

もう10パターン以上やっちゃいました( ̄^ ̄)ゞ

sIMG_20171107_103954.jpg

基本的なビシネスアチチュードも

sIMG_20171107_104111.jpg sIMG_20171107_104051.jpg

多少。。。気を引き締める必要があるぐらいが良いですね(ノ∇≦*)テヘペロ

でてクルから火曜@たかサポへ

【自己理解】というのは就職活動をする上で必要な作業です

しかし、自己理解は落とし穴も多いんですよ 

sIMG_20171107_111802.jpg

そもそも、PRの場を意識しすぎると。。。「なにもない」といったことや
人間その瞬間瞬間で変化するので
毎回、異なる「自分」を発見しちゃうのです。

sIMG_20171107_115329.jpg

なので、その時自分が大切にしている価値観や気をつける必要がある要素を発見する
というのが重要です。

今回はこんなワークシートを使ってみました

sワークシート「あなたへの質問」_01

こちらがしょーへー氏のものです。

sワークシート「あなたへの質問」(例)_02 sワークシート「あなたへの質問」(例)_01

なにかものすごく問題を感じますが、実際「働いている」ようなので
世の中そんなものみたいですよ

sIMG_20171107_115320.jpg

働くことで何を得るか?
何を優先して、何を抑えるか?
何と交換できるか?

あとは、シンプルに、今「何もない」のであれば
経験・体験すれば良いのです

そのためにプログラムがあるのでご安心を

このあたりの自分の立ち位置が重要になりますねm(o・ω・o)m
あとは働くパートナー、会社さんに決めてもらいましょう(* u.u)) ペコリッ

相手があっての自分
自分があっての相手
です

高岡地域若者サポートステーションでした
http://www.takasapo.com
コンテントヘッダー

万願寺ライフ、いつの間にか

10月の社会人講座のテーマとは異なる
【特別編】「田んぼの真ん中万願寺ミラクルライフ」と勝手に
題を付して今回の講師。所属が長い。通称は「はぐれ」
特定非営利活動法人北陸青少年自立援助センター
Peaceflu House はぐれ雲 でスタッフをされているD氏に
お話をしていただきました
HPはこちら
http://www.haguregumo.com

参加者に質問です。Q:共同生活寮とはどんなことろか知っていますか?
全参加者「知りません」。
Q:行ってみたいですか?
A:「いいえ」

嫌みたいです。

本題に入り、まずは、D氏が「はぐれ」に入社するまで
氏は富山県のご出身で、高校時代は花園を目指していたかもしれない球児だったそうです。
福祉系の大学に進学され、社会福祉・介護等を学ばれましたが、
実習の後で「本当に福祉や介護をやりたいのか?」と疑問をもたれ、「子どもに関わる」分野にも興味を向くようになったとのことです。

ご本人は当時
「いやぁ本当にちゃらちゃらした学生でした」を振り返られていました。

しかし、D氏が就職する時期は、おりしも就職難。なかなか希望の分野の求人もすくなく、
県内の消費生活全般に関わる企業へ入社。その後、営業職の方向へ

営業は成果主義、結果によって収入が増えることから、どんどんモチベーションが上がっていたのですが、必然として「ノルマ」や「プライベートがなくなる」といったことにシンドイと感じるようになったようです。
離職
約1年間日本中をバックパッカーのように過ごし、富山に戻ってきたそうです。

s-IMGP3003.jpg

ハロワークで仕事内容に「運動・農業」と不思議な仕事があるものだ
ということで、求人に応募。
代表との面接で「世の中にはおもしろい人がいるんだなぁ」
との理由で現職に

まさに非プランドハプンスタンス理論通り

続いて、「はぐれ雲」に関して
特徴としては[農村・家族型共同生活]スタイル
【生活リズムをつくること】が第一

s-IMGP3004.jpg

農業はもちろん重視しつつ、楽しみながら経験を共有していくこと。

ここで参加者から質問がありました

生活リズムが逆転していたり・他人と交流を避けたりしてきた寮生がすんなり「はぐれ」の中に入っていけるものですか?

ここで゚+。゚(。´・o・`。)゚+。゚ほぇ??と思うレスが

D氏によりますと、

【大前提】
基本的に、みんな来たがってくるものではないので
最初はすべてに拒否を示すこと。

【STEP 1】
しかし、スタッフも他の寮生もきっかけは用意するけれど
特に強制することはない。

【STEP 2】
「帰りたい」「やりたくない」からスタート
そのうちに、おなかは減るし、周囲から取り残される感もあるし、徐々にその個人の性格が出る形で関わりを持ち出す

【STEP 3】
生活リズムをみんなに合わせる形になるので
結果として、みんなと笑ったり・対立したり、
折り合いをつけたりしつつ、改善していく

ということでした。

あと、「はぐれ」のスタッフ
ですが、特に農業に興味があったわけではなく
やっていくうちに農業や田んぼを知るようになり、自分で調べて、実験して
失敗して、みんなでワイワイしてを繰りかえすうちに「やっていた」というのも
みんなの興味を引いたようです。

スタッフだからといって毎日仕事をしたいわけではなく
当然今日はやりたくないなぁ。。。という日も

だけど、そんな時も他のスタッフや寮生がいるので
乗り切れる(乗り切った)ということでした。

「おもしろい話を聞けて良かったです」
社会人講座に参加したみんなの反応でした

すこし、一歩を踏み出すきっかけになるお話を聞く
機会になったのではないかと思います。

はぐれのD氏、終始やわらかい物腰でお話していただき
ありがとうございました。

高岡地域若者サポートステーション
http://www.takasapo.com

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク