コンテントヘッダー

鈴木勇さんを講師に「コミュニケーション」について学びました!

6月21日(水)に鈴木勇さんをお迎えして、社会人講座を開催しました。

講座のテーマは、
コミュニケーションワークショップ
 「働くこと」を中心にコミュニケーションを考えてみよう
でした。
CIMG1918.jpg

まず、「コミュニケーションにおけるストレスとは?」ということで、日常生活や学校、職場のコミュニケーションで感じるストレスをひとり一人が考えました。

・電話をかけるとき
・電話がかかってきたとき
・苦手な人と話さないといけないとき
・たくさんの人の前で話すとき
・雑談の中で何か話さないといけないとき
・話したけれど話が続かないとき

など、実体験に基づいた多くの人にありそうな意見が出ました。

そのようなストレスへの対処法について
①自立で解決する
②相手に働きかける
③逃げる・回避する
があるとのことでした。

例えば、②の相手に働きかける方法として、話しかける前に「お忙しいところ申し訳ありませんが、今、お時間よろしいでしょうか?」のようなクッション言葉を投げかけてから、本題に入るという対処法を教えていただきました。

また、①でも②でも難しい場合は③もありですともおっしゃっていました。とりわけ雑談は、仕事と比較して優先順位が低いので距離をおいてもいいですよと。

しかし、仕事となった時には逃げてばかりでは済まないので、①の自力で解決する方法を教えていただきました。
CIMG1926.jpg

「なんであのとき、しなかったのだろう」と過去を振り返るのは効果的ではなく、「今できることは何だろう」という思考をすることが大事だそうです。
例えば、電話をかけるときには、あらかじめ話す内容をメモ書きしておくなどです。実は鈴木さん、先月中旬にたかサポの「茶談会」に参加され、利用者さんの様子をご覧になっていかれました。それによって、今日は顔見知りの利用者さんの姿があり不安が随分と解消されたとのことでした。

また、評価を変えることも有効だとおっしゃっていました。ぶっきらぼうで苦手な上司を観察してみると、自分だけでなく、誰に対してもぶっきらぼうだとしたら、自分が嫌われているのではなく、いつもぶっきらぼうな人という評価を前提に関わるようにすればいいとのことでした。

さらに、ワークシートを使って「作業が分からなくなった時に質問をするか、しないか」を比較してみました。様々な感情が沸き起こりますが、結果として上司も自分もwin-winになるのは、質問した時の方です。どちらが得かという視点で行動を決定するといいともおっしゃていました。
CIMG1946.jpg

そのためには、「悩める自分」を見ている「もうひとりの自分」を意識すると良いようです。例えば、今日のワークショップでお話ししている鈴木さんをみているもう一人の鈴木さんがいるから、時間通りに終われるそうです。もう一人の鈴木さんがいないと延々と話し続けてしまう恐れがあるそうです。イメージとしては、上から自分を見る感じとのこと。それがあれば、たくさんの人の前でも話せますよともおっしゃっていました。

CIMG1949.jpg

利用者さんの意見から始まったコミュニケーションワークショップでしたが、それらを解決して終了となりました。

この場を借りて、改めて感謝いたします。鈴木勇さん、今日は本当にありがとうございました。

以上、高岡地域若者サポートステーションでした
http://www.takasapo.com
コンテントヘッダー

ふくもとまさおさんを講師に社会人講座を開催しました

6月14日(水)にドイツ在住のジャーナリストふくもとまさおさんをお迎えして、社会人講座を開催しました。

講座のテーマは
「ドイツの話をしよう-日本はドイツからどうみえるのだろうか-」
でした。

CIMG1899.jpg

ドイツでは、どこの大学をでているかではなく、どんな知識や技術をもつのかということが問われるとのこと。ですから企業に入る前に職業訓練を受けるそうです。義務教育での留年も当たり前。各自のペースで学び、各自の成長のテンポにあわせて社会参加の時期を選択できる国だそうです。

日本で当たり前のことがドイツでは当たり前ではないのですね!

逆にドイツでは当たり前のことが日本では当たり前ではないこともたくさんあるようです。
例えば、YesとNoをはっきりということ。ドイツではあいまいに答えると、どうして!と質問され、結局長ーい説明が必要になるそうです。日本でYes、Noをはっきりというと場をわきまえないとか、周りへの配慮がないと言われそうですね。

また、ドイツでは自分(私)を表現する単語はIch(イッヒ)のみです。それに対して、日本では自分を表現する単語がたくさんあります。「私」、「俺」、「自分」などなど、相手に合わせて使い分けます。場を読むことが要求される社会ということです。

企業の序列にも違いがあるそうです。日本は縦社会。上下関係がはっきりとしており、大企業が上、その下に中小企業があるとう構図です。一方、ドイツは中小企業も大企業と対等。それは大企業が扱えない特殊な技術を中小企業が持っているからとのこと。

ドイツと日本の違いの根底には教育の差があるともふくもとさんはおっしゃっていました。
CIMG1912.jpg

日本の高校生がドイツを訪問し、現地の高校生と交流するプロジェクトの映像を見せていただきました。プロジェクトを終えた日本の高校生が「日本の歴史や政治についてもっと学びたい」、「自分の意見を言えるようになりたい」、「意識して生活することが大切だ」とカメラに向かって力強く語っていました。

ふくもとさんは、どんな意見にも間違えはない、いろいろな意見があること、すなわち多様性が大切、そのような価値観がドイツにはあるとおっしゃっていました。そして、多様性は社会の豊かさと安定の基盤であると強調されました。

そのために自由であること、つまり、自分がどうしたいかを自分で決めること、決められない時は待ってもらえる社会である必要があるとのこと。

お話を1時間聞いた後は質疑応答となり、利用者さんからの質問も交えて密度の濃い時間を持つことができました。お忙しい中、お越しいただいたふくもとまさおさんにこの場を借りて改めて感謝します。

コンテントヘッダー

清掃ボランティア活動報告です。。。。。。

今年の4月からボランティアスタッフとしてF氏をお迎えしています。
毎週金曜日、F氏から多くのことを学びながら活動できています。5月に入ってからは毎回4名のメンバー、F氏、と私の6名で、あれこれしています。

5月12日は古城公園の清掃。動物園前の歩道の落ち葉かきをしました。初夏の日差しの中、汗を書きながらの作業となりました。

5月19日はたかサポにある観葉植物の植え替えをしました。参加したメンバーは4人とも初めての経験だったとのこと。資材の購入から植え替えまで協力して行えました。

5月26日は2ヵ月以上ぶりの館内清掃でした。毎回、段取りを工夫しながら活動します。お互い声を掛け合いながら、進めることの大切さを実感することが多いのが館内清掃です。

6月はこれまで2回活動がありました。

6月2日は月に1回の古城公園の清掃でした。直前まで雨が降っていましたが、始まるころには雲が切れ、日差しもこぼれるほどに。三の丸茶屋から小竹藪までの遠路の砂利を取り除く作業をしました。雨上がりの爽やかな空気の中での活動となりました。

そして、昨日9日は高岡駅南1号公園の除草をしました。参加したメンバーは集中して活動に取り組み、あっという間に1時間が過ぎたとのこと。除草できたのはわずかなエリアでしたが、公園を利用される方に喜んでもらえるとうれしいです。

活動の終えた後は、毎回F氏の経験談などを聞かせていただきながらのお弁当タイム。これもまた為になるのです!

次回は6月16日です。
活動内容は当日のお楽しみ。天気と諸事情を鑑みての決定となります。
コンテントヘッダー

6/14の社会人講座の講師紹介

6月14日(日) 社会人講座の講師紹介

ふくもとまさお氏

1985年東ドイツに渡り、邦人企業に勤める。
東西ドイツ統一後、ベルリンで会社を共同経営。
ベルリン・フンボルト大学非常勤、講師などを経て、現在フリー・ジャーナリスト、ライター。
分野は、政治・経済・社会・環境・科学・音楽など。
特に原子力、再生可能エネルギーなどエネルギー問題に詳しい。
ドイツ・ベルリン在住。
<著書> ドイツ・低線量被爆から28年 チェルノブイリはおわっていない
   小さな革命・東ドイツ市民の体験 統一のプロセスと戦後の二つの和解
       ふくもとまさお*本*


コンテントヘッダー

田植え体験inはぐれ雲

こちらも先週のお話です(ωV_vω)ペコ

sIMGP2785.jpg

本社へ行ってまいりました。
職場体験の準備みたいなものです。
(挨拶)

はい、先週の木曜日は「茶談会」組と田植え組にわかれて
活動していました。

5月も終わりに差し掛かり富山県は田園にはまだ若い稲達が
緑豊かに根を下ろそうとしております。
そういった環境ですので今回は田植えをすることに。

sIMGP2782.jpg

場所は富山市にあるNPO法人北陸青少年自立援助センター
共同生活寮「はぐれ雲」さんの方でやってきました。

当初、天気予報では雨となっていたので
なかなか予定通りとは行きませんでしたが、

sIMGP2783.jpg sIMGP2786.jpg

はぐれのスタッフさんから用水路のことを介して
農業のことだけではなく「地域での生活」について
知る機会になりました。

sIMGP2784.jpg

参加したメンバーの反応を見ると

・田植え体験とはいえそれまでに様々な工程があることを知れてよかった。
・決して一人ではできない作業、様々な人達と協力しながらすることの大切さを知れた。
・今回は農業を通して「働く」のイメージを深めることができた。

など、よい刺激になってみたいです。

機会が作れたら収穫までの活動
稲刈りなども体験できると良いのですが。。。
それはまた別のおはなし(王様のレストラン風)

高岡地域若者サポートステーションでした
http://www.takasapo.com

プロフィール

たかサポSTAFF

Author:たかサポSTAFF

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク